●秋はウェディングシーズン●

秋は気候も良く、晴れの日も多いので、春と同じく結婚式が多く行われる季節です。
結婚式の予定が入っているという方も多いのではないでしょうか?

お祝いにお金を包む時、無くてはならないのがご祝儀袋。
コンビニや文具店で無難なデザインのものが売っていますが、大切な方の結婚式ですから、せっかくならおしゃれなデザインのご祝儀袋で他と差をつけませんか?
そんなときにおすすめの祝儀袋をご紹介します!

  結婚式に使える祝儀袋って? 

●水引は正しいものを選ぼう!●

結婚祝いの祝儀袋は「1度きり」という意味で「結び切り」や「あわじ結び」の水引がかかったものを使います。
中にはあわじ結びを変形させた飾り結びのものもあります。
花結びの水引は「何度でも結び直せる」ことから結婚のお祝いに使うのはタブーですので使わないようにしましょう。
また、祝儀袋を選ぶ際、包む金額とのバランスを考える事も大切です。
豪華な水引の祝儀袋なのに中身が1万円ではかえって失礼にあたります。基本的に水引が豪華になるほど金額は多くなるので注意ください!

※ここでご紹介する祝儀袋は3~5万円用です。

 洋風な結婚式におすすめ!

結婚式といえば!教会式を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
真っ白なウェディングドレスを着てバージンロードを歩くという、定番中の定番のスタイルですね。
これに加えて、最近はドレスを着てレストランであげる人前式も人気です。
そんな時におすすめな祝儀袋がこちら!

■リボン祝儀袋 切り結び

優雅なリボンが上品な祝儀袋です。
本体の模様と、短冊の茶色く見えている部分は金色の箔押しです。
本体の裏面には箔押しでメッセージが印刷されており、より一層お祝いの気持ちを伝えられます。

購入はこちら

こちらが裏面の箔押しです。
「I'm very happy for you!」と書いてあり
「あなたが幸せで私もとても嬉しいです!」という意味です。

■SHUGIBUKURO AWAJI

人気アーティストのひびのこづえとのコラボレーションした祝儀袋。
ひびのこづえの世界観のかわいらしい柄と、ミルキーカラーのピンクの水引が印象的です。
寿の短冊は、半透明のトレーシングペーパーです。
ガーデンウェディングのようなスタイルの雰囲気にも馴染みます。

購入はこちら

■暮らしを彩るいろわし
祝儀袋

中央に巻かれた金色で大き目のあわじ結びが目を引きます。
和紙の素朴な素材感と、軽やかでかわいい柄が相まって、女性らしく華やかな祝儀袋になりました。

購入はこちら

 和風な結婚式におすすめ! 

日本の伝統的なスタイルの神前式。
昨今、「和婚」とも呼ばれる和装でのぞむ結婚式がブームで、昔ながらのスタイルがかえって新鮮に見えると、この挙式スタイルを選ぶ人が再び多くなってきています。
和風な結婚式なら、和風で素材にこだわった素敵な祝儀袋を選んで、神前式の厳かな雰囲気にあわせて行きたいですよね!

■3120 Shugibukuro

3120Watermark(透かし和紙)を使った祝儀袋。
印刷ではなく、紙の厚みの差で模様を見せる透かし和紙が、繊細で洗練された印象を与えます。
お嫁さんの純白の衣装をイメージした祝儀袋で、和装の結婚式にぴったり!

購入はこちら

水引は3120オリジナルの形で、一つひとつ職人の手によって作られています。
水引は“永遠”の意味を込めて、あわじ結びを向い合せて結んだものになっています。

■美濃和紙 花ごろも

古くから高貴な柄とされる菊の大柄をうっすらと印刷した和紙に、うすくやわらかな和紙を重ねました。
二枚の和紙が重なり、ふんわりとした雰囲気です。
水引が着物のの帯どめのようでかわいらしく、女性に人気の祝儀袋です!

購入はこちら

 男性におすすめな祝儀袋 

■OTOCOMON 祝儀袋

豆のしと飾り折を抜きで表現しました。
そこからそっと、ビロードのような高級感漂うウーペケーネスという布のような紙が覗きます。
凛とした存在感のある祝儀袋です。

購入はこちら

■GIFT ENVELOPE

エンボス加工の入った紙を使ったシンプルな祝儀袋。
静かな光沢があり、高級感があります。
男性の力強さを思わせる金色の綱の水引がシンプルながらに存在感を放ちます。

購入はこちら

■男の祝儀袋

名前の通り、男性に向けた祝儀袋。
白と爽やかな青色が涼しげな浴衣を思わせます。
本体には箔押しで吉祥柄を印刷しました。

購入はこちら

■祝儀袋吉日(よきひ)

男性の袴をイメージして作りました。
袴の重なりの部分を意識した作りになっています。和装の結婚式にぴったりです!

購入はこちら

 祝儀袋ランキング 

今弊社で売れている祝儀袋のランキングです!
ご紹介した商品以外も入っていますが、ぜひ選ぶ時の参考にしてみて下さいね♪


 袱紗に包んでいきましょう! 

●袱紗に包むのがマナー!●

祝儀袋は袱紗(ふくさ)に包んで持っていくのがマナーとされています。

袱紗は、もともと、貴重品を納めてある箱の上に、ほこりや汚れ避けとして掛けられていた風呂敷が由来です。
つまり、袱紗は、「大切な贈りものを折ったり、汚さないように丁寧に運んでいます。」という礼儀を示すものとされてきました。
どうしても用意できなかった場合は、ハンカチで代用してもOKですが、目上の人がたくさん出席するような格式高い場なら、袱紗を使ったほうが無難です。

袱紗は何かと使う機会のあるものなので、持っていない人は、ひとつ用意しておくと安心です。



■OTOCOMON袱紗

織物の産地、桐生市で織り上げたおしゃれな袱紗です。
丁寧で繊細な折りは密度が高く厚みがあり、耐久性に優れています。
スーツの内ポケットに入れやすく、大人の振る舞いを演出してくれます。

購入はこちら

■うたつつみ

帯に慶弔それぞれの和歌が記載されており、その歌の色をイメージして作りました。
表の柄は日本で最も高貴な花と言われる菊です。
長寿、無病息災、邪気払いと言った意味があります。

購入はこちら

■リバーシブル袱紗

裏表で使える、大切な門出にふさわしい上品で美しい袱紗です。
表の光沢のある刺繍柄の生地面が慶事用ですが、中の紺の色の生地が表に来るようにひっくり返せば弔事用としてお使い頂けます。

購入はこちら






のぽち袋 ~お小遣いを贈ろう!~

お盆に実家へ帰省する方、お子さんが孫を連れて帰省するのを待っている方も多いのではないでしょうか?

久しぶりに帰省してくる孫へ、久しぶりに会う兄弟の子供へお小遣いを渡すという方も多いことでしょう。

そこで、お小遣いを包むのにぴったりな「夏のぽち袋」をご紹介します!!

●どうぶつの夏休み

これぞ夏!というようなかわいらしい動物のぽち袋。
表の柄の一部はぷっくりとしたシールを貼って表現しました。
指で押すとマットな質感でやわらかいシールです。
ミニ便箋が付いているので、「勉強頑張ってね。」「また合いに来てね。」などのメッセージを書いて贈れます。

●和かくれんぼ ぽち袋

和柄の中に動物が隠れている…そんな遊び心があるシリーズのぽち袋です。
和柄は麻の葉・七宝・青海波と縁起の良い和柄。
表書きが書いてあるので用途や渡す相手に合わせてお使いください。
こちらもメッセージカードが付きです!

●いやしねこぽち袋

ゆるいねこのキャラクター「いやしねこ」のぽち袋。
表にも裏にも思わずくすっと笑ってしまいそうな言葉入り。両面で楽しめるぽち袋です!
全部で6柄あり、バリエーション豊富。
お気に入りの一枚を見つけてくださいね!

のボーナスで両親へのお小遣い

お小遣いは、何も子供だけのものではありません。
これまで産み育ててくれた両親に、夏のボーナスを包んで親孝行をしませんか?

金額が問題ではありません。感謝が込められていること、気づかいが感じられることが大切です。
一筆箋やメッセージカードが付いているぽち袋を選んだ場合は、普段言えない感謝の想いを綴りましょう!

両親へお金を包みたいけど、子供っぽいぽち袋はちょっとな…という方へ、大人へおすすめなぽち袋もご紹介します!

●美濃和紙水玉透かし和紙 ぽち袋

水玉の透かし模様が入ったぽち袋。
透かしとは、模様の部分だけ厚みが薄くなっているので模様が浮かび上がって見える技法のことです。
この透かし模様に加えて、印刷でも水玉模様をプラスし、涼しげで爽やかなぽち袋に仕上げました。
美濃和紙の上質な質感も楽しめます。

●心包みぽち袋

四つ折りのお札が入る細型タイプのぽち袋。
活版でひとつひとつ丁寧に印刷をしました。
柄それぞれに意味があり、渡す相手を想って柄を選べます。
あると嬉しい小さな一筆箋付きです。


いかがでしたか?
ぽち袋といっても、かわいいもの、シンプルなもの、面白いものと様々です。
贈る相手を想って柄をチョイスしましょう!






 
梅雨はなかなか外に出かけられず気持ちがブルーになりがちですね。
でも、だからこそ家の中でゆっくり自分の時間を楽しむチャンスです!
そこで、充実したおうち時間を楽しむおすすめのアイテムをご紹介します。
大切な人を想って手紙を綴る、お子様・お孫さんと一緒に折り紙で楽しく遊ぶ、ゆったりとした気持ちで写経に集中するなど、ご自身のライフスタイルにあわせて、アイテムをチョイスしてみてくださいね。
ゆっくり過ごしたい日も、ちょっぴり憂鬱な雨の日も、ステキなおうち時間に早変わりします!

●水玉箋・ぷちぷち箋

大切なあの人へ、お手紙を書きませんか?
お久しぶりでも、そうでなくても、お手紙を出すことで相手との関係もより良いものになります。
手紙を書くときに相手のことを考えたり、手紙が届いた時の反応を想像したりすると、書いている自分もなんだか幸せな気分になれるのではないでしょうか。
カラフルな水玉柄の水玉箋と、ぷちぷちっと描かれた小さ目の水玉柄のぷちぷち箋で気分を盛り上げましょう!
便箋・一筆箋・封筒・はがき箋のアイテムがそれぞれ揃っているので、文章のボリュームにあわせてお選び下さい。

●美濃和紙の折り紙

何だか手持ち無沙汰…というとき、折り紙がおすすめ!
集中して手を動かすことで楽しめるし、部屋の飾り付けにもなって、気分が上がること間違いなしです。
折り紙は同じモチーフでも簡単な折り方から複雑な折り方までレベルの幅があるのが嬉しいところです。
難しい折り方はなかなか苦戦するかもしれませんが、折れたときの達成感を味わうことができますね!
美濃和紙の折り紙は
・強くて丈夫!
・折り目がきれいに出る!
・表裏違う質感が楽しめる!
・紙にハリがある!
・色数が豊富!
という良さがあります。
普通の折り紙と比べて丈夫なので折り間違えて折りなおしたときに折り紙のへたれ具合が違います。

強くて丈夫!

繊維同士が複雑にからみあっているので
紙が強く丈夫でちぎれにくい特性があります。
連鶴など切れ目を入れて複雑に折る折り方にぴったりです。

折り目がきれいに出る!

和紙そのものにハリがあるので折り目がくっきりでます。
「くすだま」など折り目のきれいさが全体に響くような作品を作るのに向いています。

表裏で違う質感が楽しめる!

つるつるの面、ざらざらの面があり質感の違いが楽しめます。
折っている時も紙の質を感じながら表裏を確認できます。

ハリがある!

通常のものより厚みがありハリがあるので、容器や袋などの形を折った時にパリッとした仕上がりになります。

色数が豊富!

色和紙なら、同じ色合いのものでも濃淡で違いがあり色のバリエーションが楽しめ表現の幅が広がります。
また、印刷した紙ではないので表裏とも同じ色で出来栄えがきれいです。
※柄が印刷されてるものは、裏面は白地になります。

●なぞる写経セット

写経はもとも、経文の内容を広めることと、経文の内容を自分の手で書き写すことによって功徳(くどく)を得ることを目的として行われていた行為ですが、写経をやることでいいコトがいっぱいあります。
・心身のリラックス
・脳の活性化
・集中力が身に付く
・無心になれるのでリラックス出来る
・自然と背筋が伸びる
など良いコト尽くめです。
普段仕事や家事にお疲れモードで気分を入れ替えたい、リフレッシュしたいという方におすすめです!



いかがでしたか?
憂鬱な梅雨も過ごし方次第で、充実した時間になります。
紙アイテムを上手く使って楽しく雨の日を乗り切りましょう!